福山と~ぶホテル

Fukuyama TOHBU HOTEL

広島県福山市三之丸町1-1

Tel(084)925-3181

Event 福山市のイベントスケジュール

「坂の街」「文学の街」「映画の街」として全国的に有名な尾道市は
福山駅から電車で20分。

Schejule

■ 紫燈護摩(火渡り神事)(毎年1月8日)
開催場所: 西國寺(尾道市西久保町29-27)

「柴燈護摩」とは元旦からの護摩の総仕上げにあたる行事で、ヒノキの枝や薪を燃やしその火に護摩木をくべていきます。
その柴燈護摩の後には火渡り神事が行なわれ、まだ火がくすぶる灰の上を修験者や参拝者が1年間の無病息災、家内安全、
商売繁盛などを願いを込めながら渡っていきます。

■ お弓神事(毎年1月11日)
開催場所: 百島八幡神社(尾道市百島町)

嘉吉元年(1441年)の戦乱で敗れた赤松満祐の一族7人が百島に遁れて住み着き、敵の追討襲撃に備えて弓の稽古に専念
したのが始まりと伝えられています。
射手には島内の3地区から計15名が選ばれ、15m先の直径60cmの的に向け太鼓の合図とともに次々と射的を行います。
的の中心には「瓦け」と呼ばれる丸い素焼きが付けられ、命中すると祝儀(10円)がもらえます。

■ しまなみ縦走(3月下旬)
開催場所: しまなみ海道沿線一帯(尾道市〜愛媛県・今治市)

全長70kmのしまなみ海道・自転車道を舞台にしたスタンプラリーです。
各島に設置されたチェックポイントをめぐりながらスタンプを集めると、完走証や参加賞がもらえます。
自転車や徒歩でのんびりしまなみ海道を満喫してみませんか?


■ 祇園祭(7月上旬※三体前夜祭は6月最終土曜日)
開催場所: 渡場通り(尾道市土堂)

八坂神社の例祭で、御神体をのせた三体の神輿が、勇壮にのぼりの周りを廻る「三体廻し」が行われます。
一本の幟(のぼり)を三体の神輿が奪い合う勇壮な祭です。間近で迫力を感じてほしいお祭の一つです。

■ いんのしま水軍花火大会(7月下旬)
開催場所: 土生港一帯(尾道市因島土生町)

因島の夏を彩る花火まつりです。
土生港の沖合に浮かぶ鶴島付近より約3,000発の花火が、息をつく暇もなく次から次へと打ちあがります。
大玉の花火やスターマイン、100連発や200連発の煙火花火などをお楽しみ下さい。

■ おのみち住吉花火祭り(7月下旬)
開催場所: 尾道市 尾道水道(尾道市土堂)

住吉神社の例祭で、毎年旧暦の6月28日前後の土曜日に行われます。
約13000発もの花火が尾道水道を焦がし、尾道の夏祭のクライマックスにふさわしい祭りです。

■  因島水軍まつり(第1部/8月上旬・第2部・3部/8月上旬)
開催場所: 尾道市因島大浜町ほか

お祭りは3部構成になっていて、1部は水軍の甲冑を着たパレードや、飛び跳ねながら踊る「跳楽舞」などがある『島まつり』。
2部は「たいまつの練りまわし」や「水軍武者行列」が行われる『火まつり』。
3部は小早という水軍が使っていた小型舟のレース「小早レース」が開催される『海まつり』。
当時の水軍の繁栄を現代に伝える勇壮なお祭りです。

■ 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(10月上旬)
開催場所: 尾道市〜愛媛県今治市 尾道市〜愛媛県今治市

愛媛県今治市〜広島県尾道市までのしまなみ海道を歩いてみませんか?
時間や体力に合わせて7つのコースが設定されています。3日かけてしまなみ海道を縦断するもよし、1日だけの参加でもよし。
心地よい秋の海上散歩をお楽しみ下さい。

尾道観光協会ホームページ

会員登録特典
QUO CARD (300円)
プレゼント
(ホームページ予約の方限定)

Assistance